あなたの”気になる”CMをcheckするブログメディア

【ネタバレ】浅野いにお最新作『零落』1話目を読んでの感想!ソラニンの空気を感じたのは最初だけだった。

浅野いにおさん最新作が始まったよー!!

 

本日もYABAI!!に来ていただきありがとうございます。
ラフメーカー(@laughmaker333)です。

浅野いにおの新連載『零落(れいらく)』が漫画誌ビッグスペリオール(小学館)でついに開幕しました。

『零落』の第1話が載っているのは、3月10日に発売されたビッグスペリオール7号!本屋にダッシュしてさっそく購入してきました。

 

まず初めに題名となっている『零落』を辞書で調べてみると、、

読み:れいらく

意味:おちぶれること

おちぶれる・・・。題名だけでみると重いな。最近の”いにおさん”は重いテーマの漫画をよく書かれているように思いますが、今回もそんな感じなのかな。ちょっと不安。

 

 

浅野いにお新連載『零落』

スペリオールを開くと、巻頭カラーで『零落』がスタートする。やはり、いにおさんが描く風景は美しく、また登場してくる個性的なキャラクターもなんとも愛くるしい。

ちなみに、このシーンって多摩川のあれですよね。あれですよね。ねね。

 

 

話を読み進めていくと、若い男女がアパートの一室でお互いの気持ちのすれ違いによって苦悩しているシーンがある。こんな、日常のシーンを見ていると、『ソラニン』を思い出してうれしくなる僕であった。

 

 

今回の主人公である『深澤』。種田?!とは、似ても似つかないけど、同じようなそんな空気を僕は感じた。

そんな二人が織りなす物語。ワクワク!!

 

かとおもいきや・・・。

 

 

突如、舞台は10年後へ・・・・・。

と、10年後の主人公『深澤』が、暗い面持ちで登場するシーンから始まる。

今回の新連載にあたって『或る漫画家の魂の漂流を描く』とのキャッチフレーズが各メディアで目にするが、”漂流”とは何を意味しているのか。

ダークサイドに落ちていかないことを切に願います。

 

僕が大好きな『ソラニン』も、テーマとしては重かったのかな。何気ない日常の情景を描きながらも、夢に破れたり、人の死があったりした。でもそんな悲劇の中で、それを乗り越えようとした美しさがあったと思う。だから僕は『ソラニン』が大好きなんです。

そんな、漫画をまた描いてほしい。浅野いにお先生!!『零落』楽しみにしています!!

 

いいね!もらえるとめちゃくちゃ喜びます!
(。>﹏<。)゚(≧∇≦)/

Recommend
No articles